読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の羽

日記 人の魅力

ただでさえ美しい鳥が羽を広げて飛び立つ。


隠れていた色彩の面積が一気に広がって、得も言われぬ美しさを放つ。


美しさを振りまきながら風に乗り飛ぶ鳥。永遠に眺めていたいとすら思ってしまう。


ところで人の羽はどこにあるのだろう?


元々の美貌?身につけているアイテム?視覚で処理できる情報?


それだけではなさそうだ。


そして人がその羽を広げた状態とはどんなものだろう?


それは外に向かって自分のこころが開かれていることではないだろうか。


感情に蓋をせず、余計な我慢もせず、自分の好きを基準に振る舞うこと。


そんなことできるわけがない。


自分を解放するのが怖い人々はそう言う。


自分の好きにしたら誰かの迷惑になる。そんなことを言う人もいる。


しかしそれはその人たちに勇気が無いだけだ。


私は目の前の人を納得させるだけの自分を持ち合わせてない。だから控えめに振舞っています。我慢も少ししています。自分を抑えて合わせてもいます。それが普通じゃないですか?


TPOをわきまえるべきシチュエーションなら話はわかるよ。


でも、そうでない場所や日常の中でも、『人に合わせる』がベースになるのはどうだろう?


嫌われたり疎ましがられたり空気が読めないと弾かれたり…


実際そうなったら辛いのはわかる。


一瞬萎えるよね、生命力の大黒柱が。


ただよく考えてみてほしい。


人類の全てに好かれることは無理なのだ。


そのうちの何割かは理由なくあなたを嫌うだろう。


だから他人をそこまで気にする必要はない。


自分のしたいように、話したいことを、伝えたいことを、丁寧に表現していけばいい。


表現されないことはもちろん伝わらないのだ。


だから恐がることはない。


なるべく多くの自分を、なるべく多くの人に表現していこう。


それがいい具合に伝われば、あなたという色彩がグラデーションに広がって人を魅了するだろう。


人間の羽は感情であり言葉だ。


どんどん広げて、これから出会うはずの誰かに見せる準備をすればいい。


羽を広げなければ空を飛ぶことはできない。


押し殺すのはもうやめよう。