読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潜在意識という見えない地図

心の全容を知るのは、ちょっとした壮大な物語だ。しかも全容の地図を手に入れたら、ようやく心の潜在力に気付くようになる。そして潜在力の分野の方がさらに断然広い。

(名越康文)

 

顕在意識と潜在意識の比率は1:9と言われている。

 

顕在意識で『禁煙しよう!』と思っても、潜在意識が『無理じゃね?意味なくね?』と思っていたら禁煙は不可能である。よほど強い意志がないとそれは達成できない。

 

1割の意識で僕らは右往左往している。あーだのこーだの言って、一喜一憂して。

 

だからこそ潜在意識を活用するべきだ。

 

歯磨き、靴を履く、選択を干す、食器を洗う…など、特に意識していなくとも自動的に体が動いて完了する毎日のあれこれは、潜在意識が操縦している。

 

まずは自分の潜在意識がどう指示を出してるのかを調査すること。

 

僕の場合は『自分を好きになること』が苦手で、頭の中で『好き好き大好き!』なんて唱えるたびに、変なくすぐったさや違和感を感じていました。潜在意識で『自分を好きになんてなれるわけないだろ!』と思っていたのです。

 

その理由が最近わかりました。僕は父親が苦手で好きではありません。だからそのコピーである自分を好きになることなんか不可能なのです。これが潜在意識の答えです。

 

なので、父親と僕は別の人間なので、たとえ父親が苦手であっても、自分を愛してかまわない。そう許可を出し続けています。

 

今はまだ、100%まるごと自分大好き!と叫ぶには抵抗がありますが、それでも以前よりは受け入れることができています。実感として。

 

意識という1/10の地図の切れ端を眺めているだけでは、自分が目指す目的地にたどり着くのは難しい。

 

だからこそ潜在意識を知り、残り9割の地図を手に入れ、人生という冒険を楽しんでいきたいものですね。

 

 

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

 
毎日トクしている人の秘密 (PHP文庫)

毎日トクしている人の秘密 (PHP文庫)

 
心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」  角川SSC新書

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書

 
40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術