読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分へのダメ出しが他人に向かってないか?

考え方

人生における成長は、好むと好まざるとにかかわらず、今のあなたを土台にしている。

振り出しに戻ることはできない。

従って、あるがままのあなたを受け入れ、そこから始めることだ。

(リチャード・ブロディ『夢をかなえる一番よい方法』)

 

今の自分を認めることから始めよう。

 

くよくよしがちな自分、怒りっぽい自分、すぐ人のせいにする自分…などのマイナス面。

 

よく笑う、人の輪が好き、好奇心旺盛、粘り強い…なんていうプラスの面。

 

そのどちらもがあなたという人間の土台である。

 

うまく行かない時は、ついマイナス面に意識が向い、『だからダメなんだよなー』となりがちだ。

 

そう思う時、あなたのプラス面は忘れ去られていて、ネガティヴの陰に隠されているそれに気がつかない。

 

自分の良い面が、悪い面を隠してくれたり補ったりするし、その逆もしかりだ。

 

だから一度、まるごと自分を認めてしまおう。これが自分だ!とノートに書きつけてもいい。

 

それが『変わりたい』と願うあなたの地図になる。

 

本当の意味で自分を受け入れるようになれると、確実に変化が起こる。

 

人の振る舞いにイライラしなくなるのだ。

 

自分の感情が人の行動で乱される。嫌な気分が心を支配し、気が散って、最良のパフォーマンスが発揮できなくなる。

 

そんなダメな時間も自分の地図には履歴を残してしまう。

 

対人関係での悩みは、自分の思い過ごしであることが多い。相手が何も思ってないのに、些細な一言を大げさに解釈して嫌な気分になるのはよくあることで、その原因は自分にある。

 

自分を認めていないと、人に向けてジャッジしがちだ。自分に対してダメ出しをし続けるのにはエネルギーがいるから、無意識は、それを人に向けることで心の負荷を軽くしている。

 

自分を認めていれば、逆の効果がある。理屈的には納得してなくとも、『確かに、あなたにはあなたの都合や感情があるよねー。』と一呼吸おくことができるのだ。

 

良い面もダメな面も受け入れる。そして一度自分を完全に認めた上で、どう変わりたいか軌道修正していく。

 

それを繰り返していくと、かかる労力は次第に少なくなってくる。習慣になって自動操縦のレベルまで行ければ、1日の充実感も変わってくるはずだ。

 

勇気を出して今の自分を認めましょう。

 

未来はいつからでも変えられるのですから。

 

 

 

夢をかなえる一番よい方法

夢をかなえる一番よい方法