読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝の頻度

引っ越しをして3ヶ月経った。新しい街にも慣れてきて、便利や不便のあれこれがわかった頃ふと思う。最近感謝が足りないかも。

 

前に住んでた場所は近くに神社があって、散歩がてらに行くことができた。三ヶ所あったので、その時の気分や空いている時間に合わせて選んでいた。

 

新しい場所にも神社はあるが、微妙な距離なので、引っ越し直後に二、三回行ったきりである。

 

神社に行くと無条件に感謝の気持ちがわいてくる。その時がどんな状況であれ、『とりあえずこうやって生きていられます、ありがとう』くらいのセリフが勝手に口をつくのです。

 

少なくとも週に一回は行っていたので、定期的に感謝を捧げるベースができていました。それがなくなったので、最近は感謝が足りないと思ったのでしょう。

 

いろいろ考えていたら、毎日の食事を忘れていたことに気づきました。そうだこれだ!と膝を打ちました。

 

働いてお金を稼ぎ、たくさんの選択肢の中から自分の好きなものを美味しく食べられる環境。

 

これこそ感謝すべきベースにぴったりだと思います。

 

子どもの頃は『いただきます』と必ず言ってたのに、大人になるにつれ言う頻度は少なくなる。それが恥ずかしさによるものか別の理由かはわからないけれど、とにかく言う回数は減っているのだから、それを元に戻すこと。

 

人前で言うのが難しいければ心の中で言えばいい。

 

『今日こうやって食事ができることに感謝いたします。』

 

このセリフとともに、気持ちも込めて感謝をする。

 

感謝は陽の感情で、怒りや不安は負の感情だから、感謝が足りないと攻撃的になってしまいがち。

 

それを防ぐためにも、小さな感謝でいいので、たくさんしていくこと。それが大切だと思いました。