読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

派手にわめいても、ね。

悲しいの、傷ついてんの、辛いのよ!!


声高々に辛い状況を話す人っているけれど、あれ本当に傷ついてんのかな?


子どもみたいにワーキャーわめいて、あいつが悪い、あいつのせいだって騒ぎ散らして。


子どもが大袈裟に騒ぐのって、本当はあんまり痛くなかったりするよね?


気を引きたいから痛い痛いって。


それに似てる。


とすれば、本当はもっと強いよね。まだそこまで傷ついてないよね?


弱いふりして気を引くとか、たいしたことないのに相手にダメージを与えたいがために騒ぐのが理由かな?


もしそうなら、とてもかっこ悪いよね。


大人だから我慢しろなんて言わない。でも、自分のキャパがわかってたら、必要以上に泣きわめく必要はないよ。


ブログで文句を書き散らしている人もそう。


特にスピリチュアル関連でも多く見受けられるんだけど、癒す・サポートする側がそれやったらダメでしょ?


わざと悪い例を挙げて、そうならないためには〜すればいいのです、なんてね。


暴力的なまでに極端な自己肯定も、ある意味悲鳴みたいなもんだ。図式は一緒。


ああ… ちょっと愚痴みたいになっちゃった。ごめんなさい。


でもあんまり大袈裟すぎるのってよくないと思います。特に辛い時や悲しい時はね。


怒りの感情がガソリンになって、マイナスのエネルギーが増幅しちゃうから。


穏やかさは後から獲得できますからね。性格とか気質は関係ないのです。


自分をゆるやかに観察していきましょう。


そしたら感情のクセがわかってきます。