自分を好きになることから始めてみよう

自分にだろうが他人にだろうが 愛されている人は幸せだ。 さらに自分だろうが他人だろうが 誰かを愛せる人は幸せだ。 (やまだないと『ハルヒマシネマ』) 愛されている、愛している。 この両輪がきちんと回っている日常は穏やかで、じんわりと暖かいものが流…

幸せの種をまくこと

よいことを考えよう。そうすればよいことが起こる。邪悪な考えをもてば、嫌なことが起こる。あなたは、あなたが日がな一日考えていることそのものなのだ。 (『潜在意識をとことん使いこなす』) 人は無意識のうちに、つい悪いことや不安について考えてしまっ…

外野は外野。自分は自分。大切なのはどっち?

皆さん、物事を難しく考えすぎです。スピやっているからって、スピ気取りの思想をこねくり回して迷宮に入っています。どうか、喜びを中心に生き、それ以外のものは信頼して放置してください。知り得た問題は解決しなければ、というのは強迫観念です。 (賢者…

寛容であれ

人間は、その不完全を許容しつつ、愛し合うことです。不完全であるが故に退け合うのではなく、人間同士が助け合うのです。他人の行為を軽々しく批判せぬことです。自分の好悪の感情で、人を批判せぬことです。善悪のいずれか一方に、その人を押し込めないこ…

脳をきびきびと動かすためには?

いつも脳がきびきび動けるようにするには、どんな仕事も『保存して終了』することが大切です。 (佐藤オオキ『スピード仕事術』) テンパった時の状態を思い出してみる。 頭に血が上って、とにかく焦りに支配される。冷静になれと言い聞かせようとするも、その…

朝は肯定的な言葉をかける

朝起きて最初にする思考は、とても強力な道具になる。 (パム・グラウト『こうして思考は現実になる②) 睡眠明け、朝。体がリセットされるのと同じく、脳もクリアになっています。 そこにまず最初に放り込む言葉はどんなセリフでしょうか。 『また今週も始まっ…

ダヴィンチ『ロロマクラシック』とLAMY『4色ボールペン』を買いました

季節の変わり目になるとなぜか新しい手帳が欲しくなります。 おそらく洋服を着替えるような感覚と同じなのでしょうね。 新しい季節に新しい手帳。モチベーション上がります。 今回は初めて国産手帳を選びました。老舗レイメイ藤井の『ダヴィンチ ロロマクラ…

My Favorite Things【2】スナフキン&リトルミイ

雑貨屋などにムーミングッズが置いてあるとつい手にとってしまう。 自由なスナフキン、小うるさいけどロジカルなリトルミイ。 緑と赤のコントラストは、クリスマスの色彩で祝い事だ。 片方だけでは人に理解されない。味方はできるが一部だけ。 ムーミンの世…

オノ・ヨーコ『どんぐり』

啓示 怒りを感じるあなたに祝福を 気が立ち上がるしるしだから。 自分の家族に向けず、敵のために無駄にせず。 その気を万能なものに変える。 すると繁栄がもたらされることでしょう。 悲しむあなたに祝福を 傷つきやすさのしるしだから。 家族と共有せず、…

人間はダイヤモンドだ

人間はダイヤモンドだ。ダイヤモンドを磨くことができるのはダイヤモンドしかない。人間を磨くにも人間とコミュニケーションをとるしかないんだよ。 (チェ・ゲバラ) 自分が削られる。人によって。 角がとれたり、新しい視点を得たり、思い違いを修正できたり…

怒りのサンドバッグ

あのね、いまあなたはすごく彼のことを怒っているかもしれないけれど、それはもしかしたら別のことを怒っていて、すりかえているのかもしれないよ。脳ってそういうことするの。そして彼氏はだいたいサンドバックになるんだ。 (田口ランディ) サンドバッグに…

潜在意識という見えない地図

心の全容を知るのは、ちょっとした壮大な物語だ。しかも全容の地図を手に入れたら、ようやく心の潜在力に気付くようになる。そして潜在力の分野の方がさらに断然広い。 (名越康文) 顕在意識と潜在意識の比率は1:9と言われている。 顕在意識で『禁煙しよう…

マイナスを特別視してないか?

『不安』や『悩み』を特別視するということは、『嬉しい』や『幸せ』というものが当たり前のものになってきます。すると、本当はあなたの身の回りに、たくさん嬉しいことや幸せなことが起こっているかもしれないのに気づけなくなります。 (クスドフトシ『無…

私たちは一緒に成長できるのだ

1.私は私でいられる。 2.あなたはあなたでいられる。 3.私たちは私たちでいられる。 4.私は成長できる。 5.あなたは成長できる。 6.私たちは一緒に成長できる。 本質的には、いい恋愛や結婚とは、これにつきるのだ。 (J・G・ウォイテッツ『なぜいつも、あな…

失敗なんてあたりまえ

人は努力する限り過ちも犯す。 (ゲーテ) 勇気を出して新しいことを始める。そこには未来の保証などなく、ただ手探りで進むだけだ。 時に軌道修正し、微調整をかけ、自分を信じてたゆまぬ努力を重ねていく。『大丈夫だ、間違ってないはずだ。』と自分に言い聞…

自分へのダメ出しが他人に向かってないか?

人生における成長は、好むと好まざるとにかかわらず、今のあなたを土台にしている。 振り出しに戻ることはできない。 従って、あるがままのあなたを受け入れ、そこから始めることだ。 (リチャード・ブロディ『夢をかなえる一番よい方法』) 今の自分を認める…

前向きな悩みを作っていく

まず自分をつまらなくしてるのは、会社。 そこで同じ会社に好きな人をわざと作る。すると日曜日の夕方以降は『早く会社に行きたいな!』なんて。ついウキウキする効果が。 まして会社に何を着ていこうかと、『前向きに悩めること』これが大きい。 (齋藤薫『…

感謝の頻度

引っ越しをして3ヶ月経った。新しい街にも慣れてきて、便利や不便のあれこれがわかった頃ふと思う。最近感謝が足りないかも。 前に住んでた場所は近くに神社があって、散歩がてらに行くことができた。三ヶ所あったので、その時の気分や空いている時間に合わ…

自分を作る習慣

外側の変化で刺激を求めたくなる気持ちをぐっとこらえて、『大切なことはルーティーンにある』という事実を学びとること。 (松浦弥太郎『幸せをうむ小さな種』) 断捨離をしてからというもの、今までほとんどしなかった掃除をするようになり、使った物はを所…

My Favorite Things【1】ドライフラワー

好きなものは多々あれど、そのひとつひとつについて真剣に考えたことは今までなかった気がします。 断捨離をしてからというもの、残った物への愛着が深くなりました。 10年単位で愛用している物もあるし、同じものを買い直して使っていたりもする。長年の相…

されるよりするほうを

ぼくの仕事は俳優だから、よくひとから拍手される。でも、拍手されるより、拍手するほうが、ずっと心がゆたかになる。 (高倉健『南極のペンギン』) 人の注目を浴びて喝采を得る。もしくは素晴らしい出来事に対して喝采を送る。 賛辞を送る側にも、それを受け…

『どうにもならないこと』と『どうにかなること』

不幸な家庭環境で育ったということは『どうにもならないこと』です。それを嘆いていてもしょうがありません。 でも、だから自分に自信がなく、自分を愛することができず、自分を否定してしまうことは、『どうにもならないこと』ではありません。 それは『ど…

うまくいかないのはあくまで一時的なもの

普段は別に普通だったじゃん。ここ最近のことを自分の全体に当てはめちゃダメだと思うよ。 (舞城王太郎『やさしナリン』) 小さな事から大きなものまで、人生には山も谷もあり、誰もがそのアップダウンに四苦八苦している。 ずっとうまく行けばいいのになと思…

気持ちをこめる

『いってらっしゃい』という言葉には、本来『気をつけて行って、戻ってらっしゃいね』という気持ちがこもっていますね。 気が通った状態で声をかければ、子どもの潜在意識にも『行って、帰ってくる』という気持ちが入るんです。 ところが気を通わせずに、た…

同じ物語を繰り返さないために

『こんな人とつきあっていても何も変わらない』と次々に友だちや恋人を変えても、あなたが変わっていなければ、登場人物が違うだけで、ふたたび同じ物語が繰り返される。 (松浦弥太郎『しあわせを生む小さな種』) 変わるこことってむずかしい。 長年の習慣、…

積み減らすということ

『すべてを失ってはじめて、やりたいことをする自由を手に入れられる。』タイラー・ダーデン(ファイト・クラブ) 『自分に何も欠けてないと知ったとき、世界はあなたとひとつになる。』(老子) 断捨離をしてから、上の二つの言葉が身にしみてわかるように…

断捨離は脱皮である

『断捨離できる人』になってから、日々の家事、掃除、雑事をちゃんとやるようになった。 人から見れば当たり前のことでも、できなかった自分を基準にすればこれは快挙である。 今朝もきちんと、食べ終わった食器を洗い、使った鉄鍋の水気を取り、掃き掃除を…

断捨離の扉が開いた③

断捨離を始めてから一年半。見事に環境は変わりました。 考え方にも大きな変化があり、以前の自分より今の自分のほうが格段に好きになりました。 前に書いた断捨離の記事、第3弾。 最後まで読んでいただけたら嬉しいです。 ★★★ その後もゆるゆると続けていま…

断捨離の扉が開いた②

前に別ブログに書いた断捨離の記事、第2弾です。 読み直すと相当テンション上がってるのがわかりますね。 断捨離で人生が変わるのは本当でした。この本にもう感謝しかないです。 ★★★ 断捨離ブーム、続いております。 前回はきっかけになった本の紹介がメイン…

断捨離の扉が開いた①

一年半前に別のブログに書いた断捨離の記事です。 断捨離ができたおかげで2ヶ月前の引越しも楽だったし、新しい習慣を自分の生活に取り入れることもできました。 良いことづくめの断捨離。本当におすすめです。 ★★★ いままで何度もトライした。そして失敗し…

ファイロファックスのシステム手帳『JACK』を買いました

新しい活動を始める前にはなぜか手帳を変えたくなる。 手帳は自分の分身みたいなものだから、新しい装いで飛び出していきたいのだろうな。 ということで前から目をつけていたファイロファックスのJACKを。 派手なデザインですが、色味のトーンは抑えられてい…

ありがとうがエンドレス

良いものを伸ばすことでしか、成長はないよ。人のいいところを見つけて、学ぶ人が成長する。人をけなしても成長はないよ。 (田口ランディ『ありがとうがエンドレス』) 人の悪口、自分への悪口。少し気を抜くと、頭の中ではつい否定的な言葉を唱えてしまうも…

秋の理由

傾注すること。注意を向ける、それが全ての核心です。…傾注は生命力です。それはあなたと他者をつなぐものです… (スーザン・ソンタグ『良心の領界』) その存在を知ってからずっと追いかけている詩人はもう20年もの間、僕を虜にしている。福間健二。詩人、翻…

幸せは日々のなかに

幸福って結局、『とんでもなく大きなもの』である必要はない。 日々の中から、たとえ小さくとも、なるべく数多く集めることも幸福につながる。 海外旅行とか結婚、昇進、大きな仕事をとる、自分の作品が入選するなど、大きなトピックはその時の快感が半端な…

歩き散らかす。神宮前〜新宿御苑

先週は部屋の契約のため新宿へ。 せっかくだからと表参道から神宮前、そして新宿御苑と長い散歩をしてきました。 歩く速度だからこそ見える景色。 暖色に包まれたいい1日でした。 秋の散歩はやはり格別ですね。

信じようと信じまいと効果はあるのだ

最近、あれだけ効果のあったホ・オポノポノをさぼっていた。 さぼっていたというよりかは、それを唱える困ったシチュエーションに遭遇しなかったので忘れていたのだ。 久しぶりに本棚の整理をした時にこちらの本が見つかったので思い出した次第。 僕の場合は…

もっと優しくさわってよ!!

ドカン!! まるで震度5の地震が来たような衝撃。 ハッと目を開ければ何てことはない、電車に揺られる座席の横にオッサンが座っただけだった。 以前の自分ならば、怒り心頭、心の中では「このボケ!カス!ハゲ!」と悪態の三段活用がすぐさま飛び出したこと…

あなたの魅力はたくさんの花びらのようだ

さっき花の水を変える時に、もうすぐ花開く蕾を見つけました。百合の花です。 今までは、咲いた花は見ていたけど、どうやって咲くのかは気にしていませんでした。 常識なのかもしれないけれど、これがかなりドラマチック。 まずは蕾が膨らんで、中の花びらが…

若さを過去に追いやって

かつて若い頃、40歳になったら人生も終わりだなと思っていた。 髪の毛は薄くなって、ファッションにも気を使わなくなり、たるんだ体で偉そうに威張り散らしているイメージがあった。 バンドをやっている時は「Don't trust anyone over 30‼︎」が合言葉だった…

人生は加点法でいく

人生にはいろんな事が起こります。 良いことや悪いこと。 嬉しいことや悲しいこと。 楽しいことや苦しいこと。 毎日、まいにち、いろんな出来事があって、様々な感情がわき起こります。 普通は、良いことから悪いことを引いて、今の自分の状態を考えることが…

怒りと悲鳴と

みなさま、こんにちは。 自分が怒ったり、怒られたり、または怒っている人が近くにいる時って、やけに心が痛い。 どうして神様は「怒り」という感情を人間に宿したのだろう? ついそんなことを思ってしまう。 僕が「怒らない人」になってからもう随分経ちま…

未知への期待、自分への信頼、1%の勇気。

いまカウンセラーとして、いろんな方の相談にのっていること、数年前では想像もできなかった。 何がどうなって、いまこうなっているのか。 過去を思い起こしても、その道筋をたどることは不可能だ。 しかし、とある感覚を何となくだが感じている。 今の自分…

小さく始めてみよう

新しいことにチャレンジするのは勇気がいる。 だから自信がないのは当たり前だ。 だからまずは始めてみよう。自信がないままでいいから。 しかし自信がないと今度は、不安を覚えるかもしれない。そして不安に囚われてしまう。 大丈夫だろうか?上手くいくだ…

否定はマイナスばかり

自分のことを話すとき、他人を否定することで、自分の正しさを証明する人がよくいます。 自信のなさからかプライドなのかはわからないけど、最初に否定ありき、みたいな。 大した因果関係もなかったり、半分こじつけの場合もあって、それはもう厄介です。 こ…

幸せのかくれんぼ

幸せになりたいの。 欲しいものがたくさんあるの。 居たい場所に居れてないの。 望みのパートナーにはほど遠い人と一緒にいるの。 海外に行きたいの。 梅雨の時期は髪型が決まらなくて嫌なの。 ふくらはぎを2cm減らしたいの。 誰かあたしのところに幸せを運…

弱さの力

こんなんじゃダメだ!まだまだ足りない!なんて弱いんだ俺は! 弱さを否定したくなる時ときは大抵、努力している状況で思うことが多い。 弱いから目標にたどり着かない。だから弱い自分を否定して、もっと頑張る、もっと自分を鞭打つ。 努力の基本的なイメー…

自分を信じる

人のことは信じられる。 あいつならやれるさ! あの子なら乗り越えてくれるわ! 粘り強い彼なら大丈夫だ! など、身近な人に対して、僕らはいつも、絶えず誰かを信じている。 しかしこと自分のこととなると、途端に元気がなくなる。 自分なんてまだまだだよ……

派手にわめいても、ね。

悲しいの、傷ついてんの、辛いのよ!! 声高々に辛い状況を話す人っているけれど、あれ本当に傷ついてんのかな? 子どもみたいにワーキャーわめいて、あいつが悪い、あいつのせいだって騒ぎ散らして。 子どもが大袈裟に騒ぐのって、本当はあんまり痛くなかっ…

幸せを見えなくしているものは何か?

「幸せ」って考えれば考えるほどわからなくなることがあります。 状況的には幸せなはずなのに、どうして心が弾んでないんだろ… もっとワクワクしてていいのに、自分。 そんな風に感じること、誰にでもあると思います。 自分でも気づかないうちに、小さなスト…

人間の羽

ただでさえ美しい鳥が羽を広げて飛び立つ。 隠れていた色彩の面積が一気に広がって、得も言われぬ美しさを放つ。 美しさを振りまきながら風に乗り飛ぶ鳥。永遠に眺めていたいとすら思ってしまう。 ところで人の羽はどこにあるのだろう? 元々の美貌?身につ…